世界遺産昌徳宮(チャンドックン)

正宮の役割を担うキョンボックン(景福宮)から東側に位置している昌徳宮(チャンドックン)は、東殿とも呼ばれていました。正宮である景福宮に対する離宮として創建されて現在の韓国国内の宮殿の中で、最も創建時の面影を残している宮殿であり、日本の梨本宮家から嫁ぎ、大韓帝国最後の皇太子李垠の妃となった李方子(まさこ)もこの宮殿で暮らしたスポットです。現在のものは1623年に再建された景観であり世界的な評価も受け、1997年にはユネスコ世界文化遺産として登録されました。

3.JPG
 

松月洞(ソンウォルドン)中華街&童話村

童話の世界に潜りこむ!?仁川で人気のフォトスポット 仁川(インチョン)市と言えば、仁川国際空港で有名な港町ですが、地下鉄1号線の終点・仁川駅前の中華街(チャイナタウン)のすぐ隣に、童話をモチーフとした可愛らしい通りが誕生しました! 以前は一般の住宅街でしたが、壁に童話をデザインし、中には家屋全体をショップや体験館にしたものも見られ、韓国で人気の壁画通りの域を越え、通り全体が童話の世界にもぐりこんだかのような雰囲気につつまれています。子どもから大人まで、特に若い女性を中心にSNSにアップロードする写真撮影スポットとして話題を呼んでいます。

チャイナタウンと鉄道博物館も是非楽しんでください。

画像1.jpg