グリュイエール村

グリュイエール村とは、スイスを代表するチーズ、グリュイエールチーズが生まれた村です。 旧市街はお城の立つ丘陵の上にあり、その周りには山々が広がる田園風景が素敵な小さな 町です。石畳、旧市街をぐるりと囲う古い家屋、教会と中世の風情をそのまま色濃く残して います。 そしてなんと言っても、スイスアルプスの山々が一望できる景色がとってもキレイなのです!

<ポイント>

芸術家が集うお洒落でキレイな街並み、そして周りに見える雄大なアルプスの景色をぜひお楽しみください!

グリュイエール村③(スイス).png
 

ローザンヌ

ローマ時代から栄えた歴史を誇るヴォー州の州都で、国際オリンピック委員会本部とオリンピック・ミュージアムがあることから、オリンピックシティとも呼ばれています。坂の町としても知られていて、世界トップクラスの大学やホテル学校、音楽学校、美術学校がある文化都市で、個性的な美術館や博物館が数多く点在しています。

<ポイント>

丘の上に堂々とそびえ立つノートルダム大聖堂、その中にあるステンドグラスとパイプオルガンは必見です!今回は日曜礼拝のタイミングで撮影しましたので、なんとパイプオルガンの音色まで楽しむことができるのです!!

ローザンヌ(スイス).png
 

ツェルマット

マッターホルンの麓にあるツェルマットの標高は1,620メートルで、アルプスで最も名高い観光地の一つです。展望台からはマッターホルンやスイス最高峰のモンテローザなど、29座もの4,000メートル級の山々を見ることができます。年間を通してハイキング客で賑わっており、登山鉄道の路線沿いではマッターホルンを望む絶景ハイキングが楽しめます。

ツェルマット・スイス.png
 

ルツェルン

スイスの中央に位置する古都で、美しい湖と奥に連なるアルプスの山、中世の建物がつむぎだす絵画のような風景で人々を魅了します。カペル橋などの古い橋やかつての城壁など、ロイス川の両岸に発展していった町の面影は、旧市街の随所にみることができるでしょう。

<ポイント>

屋根付きの木造の橋としてはヨーロッパ最古の橋であるカペル橋や、1666年に建てられたスイスで最も古いバロック式の教会であるイエズス教会など、中世の街並みが絵画のような風景をつむぎだしています。ドイツの作曲家ワーグナーも魅了されたルツェルンの街のたたずまいをぜひ楽しんでください!

ルツェルン(スイス).png