バリ伝統祭り

「Mekotek」の式典はバドゥン県ムングー村で開催され半年に1度しか見ることができない祭りです。 クニンガンの祝いに、木を山の形に積み上げた上に男たちがよじ登る、伝統儀式ムコテックが行なわれました。 ムングー村で行なわれるこの木の戦いは、バニュワンギのブランバンガン王国の兵をメングウィ王国の兵が鎮め、勝った事を祝って始められたものです。 「Mekotek」とは、『テク-テク』という木と木がぶつかった時の音からそう呼ばれるようになりました。 ムコテカンは、青銅ガムランの伴奏を従え村中を回り、道の四つ角や三つ角等の辻で行なわれ住民がそれぞれ持つ一本の木が、辻で止まり一つになって円錐形を形作るのことが特徴です。

1.JPG
 

ランプヤン寺院&タマンウジュン

ランプヤン寺院はバリで最も標高が高いところにある寺院でここでは、有名で象徴的な天空の門を楽しむことができます。バリ最大の火山であるアグン火山の眺望をお楽しみください。 タマン・ウジュン(Taman Ujung)は、バリ島の東部にある「水の王宮」とよばれる場所で、広い敷地には宮殿や公園があり、美しい建築物や自然をたのしむことができます。

MicrosoftTeams-image (13).png
 

ヌサペニダ島

バリ島から船で約40分の場所にある島「ヌサペニダ」。ここには、観光客にはあまり知られていない美しい絶景が見られる場所が沢山あります。ビーチでは白い砂浜と透き通った青い海が美しい景観を作っており、天然のプールのようなスポットもあります。 今回のツアーではPantai Kelingking(クリンキンビーチ)、Angles Billabong(エンジェルズビラボン)、Broken Beach(ブロークンビーチ)、Crystal Bay Beach(クリスタルベイビーチ)など美しい絶景や大自然を楽しむことが出来ます。

MicrosoftTeams-image (38)_edited.jpg
 

タナロット寺院

タナロット寺院は、インドネシア・バリ島中西部の海岸にある寺院でバリ六大寺院のひとつです。干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができ夕暮れ時には美しいシルエットを形成し、多数の観光客が訪れている定番の観光スポットです。 この寺院の建立は、16世紀、ジャワの高僧ニラルタがこの地を訪れた時に、海に浮かぶ岩島の美しさに心を惹かれ、村人に寺院の建立を薦めたのがきっかけと言われていますので是非360°画面から楽しんでください。

MicrosoftTeams-image (29).png